月別アーカイブ: 2017年4月

ビットコインでは税金がかからない?

Published / by admin

ビットコインは取引のみに使用する通貨であるという認識が強い為、手形などと同じで換金しない限り税金が掛からないと考える人も少なくありません。実際現在ではその取扱いについては明確になっていないため税金に関する取り決めはなされていませんが、将来的に通貨として広く認められるようになった場合には、なんらかの形で課税される可能性が非常に高くなることが予想されます。
現在は取引の際に一般的な通貨から変換して使用し、取引が終了した後実際に利用する場合には他の通貨に換金して使用する事になるため、ビットコイン自体は広く使用出来る通貨として認められないため課税されることは有りませんが、一般の通貨同様に所得をビットコインで得るようになると、所得税が課税されたり、その税金が課税されることも容易に予想されるものとなるのです。
そのため、現在課税されていない理由はあくまでもその取扱いがまだ不明確な点にあり、通貨で購入できるモノとして扱われるのか通貨として扱われるのかによりその課税方法は大きく変わる物となりますが、将来的にはその取扱いによって課税されることになると想定されます。その為、その取扱いについては十分な注意が必要であり、税金が掛からないと判断するには十分な状況ではありません。将来的には税理士を含めたその取扱い方法が詳細に決められていくことになると推測されます。

ビットコインと税金の関係

ビットコインはモノ扱いで消費税として課税される可能性アリ

ビットコインはインターネット上の取引に使用するものであることから、現在ではこれ自体には課税されていませんが将来的にその利用が普及してきた場合には、なんらかの形で課税される可能性が高いと考えられます。一つの方法が、現金で購入した 商品という位置付けに基づくモノとしての扱いです。
一般的に通貨でモノを購入した場合には購入に伴う消費税が発生します。その為、ビットコインと一般の通貨を交換する際には一般の通貨でビットコインを購入したと考え、その取引に対して消費税を支払うことになる可能性が高いのです。
但し、現在は仮想通貨として普及始めたばかりであることからその取扱い方法が確立していないため換金した後に税金を請求する形となりますが、将来ビットコイン自体が通貨として認められるようになるとビットコインで様々な支払いを済ませるようになり、通貨としての価値が大きくなるためビットコイン自体に税金が課税される様になる事も考えられます。
そのため、現在はビットコインを取り扱う際のIDは非公開で毎回変更されるほか、名無しの場合には利用ができないことになっています。さらに転載も禁止されているため、他人にビットコインを譲渡するといったことも非常に難しい面があり、お互いに承認済みの場合にのみ譲渡や交換が出来る仕組みになっているのです。