取引所・販売所」カテゴリーアーカイブ

中国のビットコイン取引所に新たなニュース

Published / by admin

2018年10月には中国の仮想通貨取引所のほとんどが閉鎖に追い込まれるというニュースがありました。

中国政府が人民元と仮想通貨との取引を禁止したためです。しかし、それから間もなくして中国のビットコイン取引所に関して新たなニュースが入ってきました。中国取引所大手3社のうち、OKCoinとHuobiは香港に本社を移し、新たな仮想通貨取引所を立ち上げました。それぞれ「OKEx」と「Huobi Pro」という名前で運営を再開しています。

さらに、P2Pの取引プラットフォームの運営を開始すると発表しました。P2Pの取引プラットフォームが開始されれば、規制をかいくぐって引き続きビットコイン取引が可能となります。
中国政府は仮想通貨の存在を否定したいわけではなく、あくまで犯罪などに利用されることを防ぎ、ビットコインを国の管理下に置きたいという目的があるようです。

ブロックチェーンという技術はこれからの時代に重要になってくるものです。
もしもビットコインなどの仮想通貨がなくなったとしても、ブロックチェーン技術は利用され続けるでしょう。現在はまだ実験段階であり、将来どのようになっていくのかはわかりません。

仮想通貨AMPビジネスについて

ビットコインの今後の展望

仮想通貨AMPビジネスは増加傾向にあります。仮想通貨はブロックチェーンという技術が使われているということのほかに、中央管理者が存在していないという特徴も持っています。

例えば、facebookやLINEなどのアプリは中央管理者が存在しています。
これを集中型プラットフォームなどと呼びます。一方、イーサリアムやリスクといった仮想通貨では分散型のプラットフォームが提供されています。
すなわち、中央管理者が存在せず、利用者みんなでアプリケーションを管理していこうというものです。中国の規制は国がお金の流れを管理したいという目的からくるものとなっています。

それに対して、仮想通貨は中央に管理者が存在しないという特徴があります。このような理由から、今後仮想通貨が国の法律によって規制されていく可能性は高いです。

日本では積極的に新しい技術を認めようという姿勢がとられているようですが、世界的に規制を強める動きがあれば日本もそれにあわせなければいけなくなるでしょう。
仮想通貨の動きを取引所がしっかりと管理をして、本人確認を徹底するようになれば、この問題は解決されるかもしれません。

ヨドバシカメラの商品がビットコインで購入できる

Published / by admin

ヨドバシカメラでもビットコイン決済が導入されました。

インターネットだけでなく、実店舗でもビットコイン決済が続々とできるようになってきていますが、ヨドバシカメラのような大手のカメラ店で導入されたことは大きな出来事であると言えるでしょう。
今後ますますサービスが充実していくものと予想されます。

ビットコイン決済をするためにはスマートフォンが必要になります。
インターネットショップでの決済ならパソコンでできるので、この点はデメリットとなるでしょう。

日本円をビットコインに交換するためには仮想通貨取引所に登録をする必要があります。
仮想通貨取引所へ日本円を入金して、その後ビットコインとトレードをします。販売所でも購入することができますが、手数料が高額になるので基本的にはおすすめしません

取引所でビットコインを購入したら、スマートフォンのウォレットへと送金をします。
パソコンを持って歩くことは難しいので、ヨドバシカメラのような実店舗でビットコイン決済をするためにはスマートフォンはほぼ必須です。

スマートフォンを持っていないという人は、ビットコインで入金ができるプリペイドカードを持つことで、実質的にビットコインで支払いができます。

ビットコイン決済のメリット

商品をビットコイン決済するメリット

現在のところは、商品をビットコインで決済するメリットはそれほど大きくはありません。

クレジットカードで支払いをしたほうがポイントがつく分、お得になるでしょう。ビットコインを購入するタイミングによっては損をしてしまうこともあるので注意が必要です。

例えば、ビットコインが30万円のときに購入をして、その後暴落をして24万円に落ちたら、20%分の損をしています。そのタイミングではビットコイン決済を利用すると損失が確定してしまうということに注意が必要です。

逆に、30万円のときに購入をして、36万円に上がったタイミングで支払いに使えば20%分の得をすることになります。
これはクレジットカードのポイントよりもはるかにお得です。

また、ビットコイン決済は手数料が安いということもメリットです。手数料はショップ側が支払っているケースがほとんどになるので、ショップ側のメリットです。
しかし、ショップ側にメリットがあるということは、消費者にもなんらかの良い影響が出る可能性があります。

ヨドバシカメラでビットコイン決済が導入されたことはひとつのきっかけとなるでしょう。
Amazonでもビットコインが利用できるようになるという噂もあります。

ビットコインの取引所を比較検討するポイント

Published / by admin

ビットコインの取引所を比較検討する時、初心者の人はまずは有名な取引所を選ぶのが良いです。
ビットコインの取引は、基本的には利用者間のトレードで成立しています。そのため、利用者がある程度多くないと、トレードは成立しなくなります。

bitFlyerが国内の最大の取引所となりますので、まずはそこに登録をしてみるのが良いでしょう。もちろん、他に気に入った取引所があるのなら、そちらでもかまいません。ランキングの3位くらいまでに入っているところなら、信頼はありますし、トレードで不便は感じないでしょう。

ツールの使いやすさなどは人によって感じ方が異なるので、最終的にはいくつかの取引所を利用してみて、自分が一番使いやすいところをメインで利用するのが良いです。

bitFlyerでは、FXの取引手数料が現在無料サービス中となっています。FXをやる場合、手数料がネックとなってきますので、まずはbitFlyerではじめてみることがおすすめです。

手数料無料のキャンペーンはいつまで続くかわかりませんが、キャンペーンが終わる前には通知が来るようになっています。
慣れてきたら、海外の取引所なども検討してみましょう。

ビットコイン投資の始め方

ビットコイン(仮想通貨)のトレード方法

ビットコインのトレードをするためには、まずは取引所に登録をする必要があります。
株式投資やFXのように、口座開設などは必要ないケースも多いです。仮想通貨の場合には、ウォレットというものを作成して、そこでトレードをするようになっています。

法律が新しくできたので、現場は本人確認がほぼ必須となっているようです。
本人確認をしなくても、一定金額までならトレードができることもありますが、1日あたりの取引量の上限が決められていたり、銀行口座への出金ができなかったりとかなり不便なので、本人確認はしておくことがおすすめです。

ビットコインの取引では、トレードのほかに、購入をすることもできますが、手数料などが割高になっているので注意をしておきましょう
基本的にはトレードをしたほうが高く売れて、安く購入できます。ただし、トレードは必ず成立するわけではないため、どうしても急いで購入をしたい時などには、販売所を利用することになります。

ビットコインはBTCという記号で表され、日本円とのトレードでは「BTC/JPY」というように表されています。

日本円でビットコインを購入するか、もしくは売却するかということになっています。始めての人は購入と売却を間違えてしまうこともあるので、まずは少額のトレードで慣らしてみましょう。

ビットコインの決済・支払い方法について

Published / by admin

ビットコインは暗号通貨とか仮想通貨などと呼ばれ、難解なイメージを持つ人がいるかもしれません。

ビットコインを決済に利用する際は、ブロックチェーン技術の仕組みを知らなくても問題ありません。

ビットコインの基本的な使い方ですが、PCやモバイル端末にインストールしたウォレットアプリのアドレスに送金してもらうことで、コインを受け取ることができます。支払いの際は、自分のウォレットアプリに送金先のアドレスを入力してから、金額を指定して送金ボタンをクリック(タップ)するだけです。

紙幣や硬貨を持たない仮想通貨の実体は電子的な「情報」なので、電子メールを送受信するような感覚で決済ができます。

自分のアドレスを相手に伝える方法ですが、携帯端末であれば自分のウォレットアプリにアドレスの2次元バーコードを表示させて、送金元の端末で読み取ってもらいます。
取引所や販売所などであれば、インターネットサイト上の入力フォーム画面に自分のアドレス(テキスト)をコピー&ペーストして登録します。

送金用アドレスは1または3で始まる最大34文字の半角英数字で、手作業で入力することはありません。

日本国内では仮想通貨で購入できる商品やサービスは多くありませんが、外国人観光客が利用する機会が多い飲食店や宿泊施設などで仮想通貨を導入するお店が少しずつ増えています。

近い将来に日本で仮想通貨が普及した場合に備えて、取引方法をマスターしておくことをおすすめします。

ビットコイン取引入門

仮想通貨の購入方法の種類

ビットコインを購入する方法はいくつかあります。

最もポピュラーな方法は、仮想通貨取引所または販売所でコインを購入します。

取引所・販売所を利用する場合には最初に口座を登録し、銀行振込またはコンビニ払いを利用して日本円を入金してから買い注文を出して売買取引が成立するのを待ちます。
少額のコインを購入したい場合には、販売所からクレジットカードで購入することができます。
ちなみに取引所で売買取引を行う場合には、クレジットカード決済は利用できません。

購入したコインを自分のウォレットに出金する場合には、取引所・販売所に自分のアドレスを登録して出金手続きを行います。

仮想通貨は既存の電子マネーとは違い、P2P方式で個人間で交換することも可能です。
個人的に現金を受け渡しするのと同じように、仮想通貨と現金を交換することで購入することができます。

取引所の手数料を節約したい人は、誰かビットコインを換金したい人を見つけて、お金を支払って譲ってもらうことをおすすめします。

仮想通貨を個人的に受け渡しする際は、ウォレットアプリで受取用のアドレスを表示させて読み取る方法が用いられます。
ビットコインを誰かに送金する場合はインターネットに接続している必要があります。

受け取るだけであれば、自分の端末はオフライン状態でもアドレスを相手に伝えておけば送金してもらえます。