月別アーカイブ: 2017年2月

ビットコインの「財布」の作り方

Published / by admin

Bitcoinなどの仮想通貨は紙幣や硬貨が存在せず、インターネット上のデータ(情報)として“保管”されます。このため、Bitcoinを所有するためには、自分専用の財布(ビットコインウォレット)を作成する必要があります。
ビットコイン用の財布を作る方法ですが、インターネットに接続可能なPCやモバイル端末機器にウォレットアプリをインストールして自分専用のアカウント(口座)を作成するか、ネット上に作成することができます。ちなみにウォレットアプリは無料で入手可能です。
ウォレットアプリをインストールして最初に起動する場合、アカウントの設定画面が表示されるので、復元フレーズ(複数の単語)を設定します。フレーズは自分で入力することができますが、アプリがランダムに選んだ単語を利用しても構いません。復元フレーズを紙にメモしてアプリに登録すれば入出金ができるようになります。PC版のアプリであれば、秘密鍵がtx形式のファイルとして出力できる場合があり、バックアップを取っておくことが可能です。
インターネット上に財布を作る場合には、Blockchain Infoというサイトを利用します。フリーメールを登録するのと同じ感覚で、無料で登録することができます。
財布を作ると受取用アドレス(hash値)が表示されますが、送金する際に必要な秘密鍵は表示されません。

ビットコインウォレットの作り方

安全に保管するにはウォレットが必須な理由

ビットコインはマイナーが作成・管理を行うブロックチェーンに格納されたデータとして“保管”されています。ビットコインウォレットの役割とは、ネット上からブロックチェーンを読み込んで自分のアカウント宛に送金された入金履歴・残高を表示することと、必要に応じて他のアカウント宛に送金(送信)を行うことです。送金する際にはウォレットアプリに保管されている秘密鍵を使用して、ブロックチェーンに“書込依頼”を行います。
財布に表示される受取用アドレスはhash値に過ぎず、これで秘密鍵を復号することができないので他人に見せても構いません。秘密鍵は絶対に他人に見せてはいけません。
ビットコインは仮想通貨取引所に開設したアカウントに保管しておくこともできますが、秘密鍵を自分で管理している訳ではないため、何者かが取引所のコンピュータに不正侵入してコインが盗まれる恐れがあります。ネットに登録したウォレットも不正侵入されると秘密鍵が盗まれる可能性があります。
このためビットコインを安全に保管するためには、自分専用のコンピュータで秘密鍵を保管するウォレットアプリを使用する必要があります。アカウントに対応する復元フレーズをメモしておけば秘密鍵のデータを削除することも可能で、最も安全な保管方法です。
ウォレットアプリを起動するとネット上のブロックチェーンから自分のコインに関する情報を読み込みますが、日本語対応のウォレットアプリであれば日本円で表示されます。